文字サイズ:
更新日: 火曜日、18 12月2018

パラグアイの女子高生は、暴力と平等に光を当てている

コンテンツによって: ボイス・オブ・アメリカ

ボゴタ -

パラグアイに住む11の1歳の女子生徒である奈良は、エンジニアになるという楽観的な夢と、若い友人の何人かに襲われた性的攻撃の暗い恐怖を持っています。

今週、彼女はそれについて何かをするようになる。

彼女は木曜日、国際連合(UN)の国際女の子デーのキャンペーンの一環として、パラグアイの象徴的大統領になり、性的暴力に対抗し、平等を促進することについて話をする予定です。

奈良はトムソン・ロイター財団に「大統領としての他の女の子のための私の例は決して諦めず、自分自身に自信を持っている。 「女の子は平等に扱われることを願っています。 「男性はいつも私たちを後ろに残し、途上に障壁を置く」

奈良の象徴的な大統領選は、子ども権利団体Plan InternationalのGirls Get Equalキャンペーンの一部であり、彼女の姓は彼女の保護のために明らかにされないように頼んだ。 キャンペーンには、GoogleやFacebookの幹部から、省庁の郵便局や地方議会まで、世界中の仕事を引き継いでいる1000人以上の女の子がいるという。

プラン・インターナショナルの最高経営責任者であるアン・ビルジット・アルブレクトン氏は、「女の子たちがリードを取って、それが聞こえ、平等と評価されている」と述べた。

世界経済フォーラム(World Economic Forum)の2017若者の30,000グローバル調査では、若い女性の半数以上が、意見が聞かれなかったり、真剣に受け入れられなかったと感じています。

しかし、国連の調査結果によると、リーダーシップの女性が経済成長を促進し、国連の世界的目標の1つである2030による政治への平等な参加を確実にする。

国連によると、現在のレートでは、政治参加の男性と女性の間でパリティを達成するのに50年かかるだろう

世界の国会議員4人に1人しか女性ではないが、5人の政府大臣の1人に満たない女性は女性だという。

性暴力は、パラグアイで女子を抱く最大の問題の1つです。

「ここで女の子にとって最も難しいのは、虐待、ハラスメント、強姦だ」と彼女は言った。

彼女は約5ヶ月前に店長によってレイプされた1人の女の子を含む、レイプされたいくつかの友人がいると言いました。

「娘たちは、彼らが経験した暴力のために、自分自身の中に閉じ込められているように感じている」と奈良さんは語った。

パラグアイの10代の妊娠率も大きな懸念材料だと彼女は言った。

パラグアイのすべての妊娠の5分の1は10代の若者の間で起こり、14年齢の少女の多くは強姦の結果であると、選挙人は言う。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する