文字サイズ:
更新日: 水曜日、20 6月2018
開発問題

中国の眼オーストラリアのロバの輸出

コンテンツによって: ボイス・オブ・アメリカ

シドニー -

オーストラリアのノーザン・テリトリー政府は、ロバ農場を開始する土地を購入しようとしている50中国企業の近くに近づいてきたと言います。 ロバの製品、特にロバ・ハイド・ゼラチンの需要は中国で増加しており、世界の供給は減少しています。



ノーザンテリトリー政府は、キャサリンのアウトバックの町の近くにある研究機関のために、野生のロバの小さな群れを購入しました。 これ以前に中国の企業の代表団が一ヶ月に渡って施設を訪問し、中国の50社まではロバの農場を建設する土地の購入に関心を示していた。

ノーザン・テリトリーには60,000野生ロバがあると推定されています。 ロバはアフリカからパック動物として1860に持ち込まれ、もう必要なくなったときには多くの動物が解放されました。 数年間、野生のロバは農家によって大きな害虫とみなされてきました。動物は自然の植生を踏みにじり、雑草を広げ、家畜と食糧や水と競合します。

今や、当局は捕獲されたロバの群れに経済的利益があると信じている。

ノーザン・テリトリーの第一次産業部門の責任者アリスター・トリアー氏はロバの貿易が明るい未来を持っていると考えています。

"My feel[ing] is the industry will develop but it will not displace the cattle industry, for example, I just do not think that will happen.What it will do is add some diversification opportunities for the use of pastoral land and Aboriginal land in the Northern Territory," said Trier.

In China, donkey skins are boiled down to make gelatin, which is then used in alternative Chinese medicines and cosmetics.

Animal rights campaigners are pressuring the authorities not to allow the live export of donkeys to China, claiming that conditions in transit would be cruel and unacceptable.

Activists also insist that donkeys' health suffers when they are kept in large herds.

The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals in Australia wants the donkey skin trade stopped altogether because of concerns the animals are being skinned alive overseas and treated with extreme cruelty.

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する