文字サイズ:
更新日: 月曜日、15 10月2018
開発問題
カリブ海は「1.5摂氏を維持する」 (金曜日、12 October 2018 11:53)
あなたは信者ですか? (金曜日、12 October 2018 11:53)
インフルエンサーとしての女性 (木曜日、11 October 2018 13:49)

WHO、タバコの不法売却に踏み切る

コンテンツによって: ボイス・オブ・アメリカ

ジュネーブ -

タバコ製品の不法売却に対抗するための新たなグローバル条約の締約国は、この数十億ドルの貿易を分解するための第一歩を踏み出した。 ジュネーブの世界保健機関(WHO)本部での3日間の会合で、彼らはタバコの収益性の高い闇市場取引を閉鎖する計画を概説した。

世界的なタバコ条約(タバコ製品の不法取引を排除するための議定書)は9月の25に発効し、WHNのタバコ規制枠組み条約(FCTC)の一部である新しい議定書に48加盟国が加わりました。 当事者の3分の2はたばこ製品の不法貿易に取り組むことを目的とした国内法を制定または強化している。

会議に出席する締約国は、タバコ製品の動きを追跡し追跡するための監視システムを作成するための作業部会を設置した。 彼らは、このグローバルな情報共有システムが2023によって構築され、実行されることを願っています。

FCTC事務局長Vera da Costa e Silvaは、消費された10紙巻たばこの不正取引が原因だと述べる。 彼女は、これらのタバコは、低価格で、若者と脆弱な人口のために手頃な価格だと言います。 彼女は、この結果、これらのグループによる毒性製品の消費が増加すると述べています。

彼女はVOAに、豊かな国と貧しい国の両方でタバコの闇市場が繁栄していると語ったが、途上国でははるかに大きな問題である。

「発展途上国の通りでは、世界中のタバコ製品の不法貿易の売り上げを見ることができます。 彼らは市場に公然と存在しています....それは、流通になると、路上販売につながり、国境を越えて、さらには未成年者への販売にもつながります。 これはたばこ製品の違法取引の真の問題だ」と彼女は語った。

ダ・コスタ・シルバは、この繁栄している不法貿易がタバコ規制政策と公衆衛生を悪化させていると述べた。 彼女はまた、組織犯罪に燃料を供給し、脱税によってタバコの利益を増やし、政府の歳入に大きな損失をもたらすと言いました。

彼女は、タバコ製品の違法な人身売買によって政府が毎年税金31ドルを失うという調査結果を発表した。

世界保健機関(WHO)は、毎年7百万人がタバコ関連の原因で早期に死亡すると報告しています。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する