文字サイズ:
更新日: 火曜日、18 12月2018

あなたは信者ですか?

コンテンツによって: インタープレスサービス

ヘイケ・クーンは人権部の責任者です。 男女平等; 連邦経済協力開発省(ドイツ)に障害者を含める

ケルン地域、ドイツ、Oct 12 2018(IPS) - あなたは、神、アッラー、エロヒムを信じますか?あるいは、宗教が「ヘーゲルの哲学の批判への貢献」という彼の作品で「庶民のアヘン」と思っていますか? いずれにせよ、あなたが属している宗教が何であれ、それを信じたり、練習したり、練習したりしない限り、それはいつもあなたの個人的な選択です。

正確には、それは人権です。

12月に10、1948、ほぼ70年前、宗教と信念の自由が世界人権宣言に定着しました。 記事18は、「誰もが思考、良心、宗教の自由を享受する権利を有する。 この権利には、彼の宗教や信念を変える自由と、単独で、あるいは他人との共同体で、あるいは公的または私的に自由に教え、練習、礼拝、遵守に関する彼の宗教や信念を表明する自由が含まれます。

7月の2018の終わりに、私はワシントンの米国国務省で開催された最初の「宗教的自由を進める閣僚会議」に招かれたことを光栄に思っていました。 会議を開催する動機は、多くの国で宗教的自由の理想が攻撃を受けていると感じられていることです。

おおむね世界の人口の80%は、この権利の厳しい制限を迫害、抑圧、差別の形で経験しています。 この基本的な権利を守ることは、80諸国以上の国々が参加したこの会議の明確な焦点でした。 会議前のプレスリリースでは、マイク・ポンペオ国務長官は、基本的人権としての宗教的自由と宗教上の自由を尊重する国にとっての経済的利益の間の深い関連性を見ていると述べた。

宗教的自由の理想は、多くの国で攻撃が増えつつあると感じています。 おおむね世界の人口の80%は、この権利の厳しい制限を迫害、抑圧、差別の形で経験しています。
私がそこにいるのはなぜそんなに名誉なことでしたか? 2つの理由があった。 まず、私は、ドイツの新しい世界宗教自由裁判官、Markus Gruebel(4月の2018で唯一ポストを取った)に同行し支援するためにそこにいました。 私の日々の仕事では、人権を守り擁護するのは私の義務です。 第二に、私の私生活では、私は私の村のプロテスタント教会長老選出者です。

だから私の胸の中で殴られている "2つの心"がこの出張について最も興奮していました。 フランクフルト空港で早朝到着、私は祈りの部屋を訪問して旅を始める予定でした。 しかし、チェックインの際、私の航空券には「SSSS」と表示され、米国入国管理局の厳しい審査のために私を選んだ。 サイン? それはどういう意味ですか? このようにして、たとえ私が安全保障を受ける前であっても、私は元々計画していたより早く誠実な祈りを始めました。 あなたの情報のために、私は何の問題もなく通過しました - ハレルヤ!

ワシントンで開催されたこの会議の2日間で、高官、公式会合、レセプション、昼食会、実り多い会話などが行われました。 閉会のセッションは有名なホロコースト博物館で行われ、1941生まれのブダペストゲットー生存者にステージを与えました。 会議のこれらの公式の部分については、プレスリリースで読むことができます。

私の視点から分かち合う価値があるのは、多くの国の介入がいかに印象的で、自国の宗教的自由に対するコミットメントを示しているかです。 何よりも、ラビス、シーク、イスラム教徒、キリスト教徒、現在脅かされている宗教的少数派の生存者、ヤジディスやウイグル人の間で、魅力的で実り多い会話が行われました。 このすべてが宗教間の対話を促進するのに役立った。

多くの人間は宗教を練習する必要があり、私たちを分裂させるものよりもはるかに多くのものがあることを認識しているという深い理解の精神を共有することができます。 宗教や信念にかかわらず、他の人に対する寛容と尊敬は前進の道です。 自分の信仰を追求することは、常に他の人に害を及ぼさず、彼らの権利と自由を侵害しないという限界内で、行動のための大きな力となり得る。 これは、私たちが互いに耳を傾けて話す方法を見つけなければならないことを意味します。

私は、今日、明日、そして来週、女性や男性として、どこでも、私たちの共同作業として橋を建設することを見ています。 私は認めています:私は信者であり、他の多くの参加者や世界中の多くの人々と同様です。 しかし、信念は最もプライベートな選択です。

根本的なことは、私たちはすべて人間であり、思考、良心、宗教の自由という同じ尊厳を与えられなければならないということです。 人権を尊重することは、すべての大陸およびすべての地域のすべての政府の義務です。 ニューヨークの2030で署名された持続可能な発展のための2015アジェンダは、各個人の尊厳を非常に重要な文章の中核に置いていることを念頭におく価値があります。 私の個人的には、ドイツの女性プロテスタント、私は自分の宗教によって権限を与えられ、毎日、そしてどこでも、それを練習することが自由であると感じています。 そして私はそれに最も感謝しています。 ハレルヤ!

今流行っている

地域とグローバル開発ニュース

マドゥロ、ベネズエラの市民民兵が1.6万人のメンバーに成長

ベネズエラのベネズエラ大統領ニコラスマドゥーロは、同国の市民民兵が1.6万人に成長したと発表した。

チリが移住者を傷つけるが、多くはまだ彼らの運を試す

内容:ボイス・オブ・アメリカARICA、CHILE - チリの無夜の砂漠の夜の黒で、キューバ人は彼がなるまで見つけにくいです...

サボテン、信用供与ブラジルの干ばつに飢えた農民に生命線を投げる

内容は次のとおりです。ボイスオブアメリカカトワイス、ポーランド - ブラジルの北東に広がるヤコビフ盆地の農業は決して容易ではありません。 しかし、上昇して...

コロンビアのELN反乱軍は、祭り期間中、停戦を呼びかける

内容:ボイスオブアメリカボゴタ - 月曜日のコロンビア最大の活発な反政府勢力、国民解放軍(ELN)は、12日と呼ばれる...

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する