文字サイズ:
更新日: 9月(木曜日)21 2017
開発問題
最新の大ハリケーンの葉はドミニカ "荒廃" (9月(水曜日)20 2017 10:48)
Rohingya:不幸の道 (9月(火曜日)19 2017 14:13)
現代奴隷制を終わらせる (9月(火曜日)19 2017 14:13)

23 June 2017、カンパラ、ウガンダ| 国連写真 - マーク・ガーテン

ウガンダ共和国は、国連と協力して、カンパラで2日間の「連帯サミット」を開催し、難民やホストコミュニティに対する国際的な支援を寄付、投資、革新的なプログラムの形で行う。 30国の首脳や国際ドナーの期待参加し、サミットは、難民の人道ニーズを満たすために$ 2億ドルを調達するために、次の4年間でホスティングコミュニティをサポートすることを目指しています。

事務総長、ウガンダ連帯サミット共同議長2017難民ギャラリー

フォトギャラリー

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する