文字サイズ:
更新日: 水曜日、14月2018
開発問題
Compiègneの森のワゴンの中で (月曜日、12 11月2018 13:42)
マルコナポリ、86、国連IPSの生存を確保 (金曜日、09 11月2018 09:59)

シリアでの化学兵器の使用終了:「まだ完了している」と国連軍縮部長官

コンテンツによって: 国連ニュースセンター

残忍な内戦の7年以上にわたって、 化学兵器禁止機関 (OPCW)と国連は、共同調査メカニズムを通じて、 複数のインスタンス イスラエルのマスタードやサリンを含む化学兵器が、シリア政府軍や非国家武装集団によって使用された。

2013では、国連安全保障理事会が満場一致で採択 解像度2118これは加盟国に対し、シリア紛争における化学兵器の使用を排除するプログラムを実施するよう求めた。

OPCWが率いるこの取り組みは、もう一つの進展を遂げました。現在、BarzahとJamrayahでは2つの施設の検査が進行中です。 ドゥマで9月に実地調査ミッションが行われ、使用の疑いが提起され、結論はまもなく発表される予定である。 2017における化学兵器の使用が疑われる5件の他の事件も現在調査中である。

しかし、安全保障理事会の決議が採択されてから5年が経過した中島代表は、「まだやるべきことがある」と述べ、「Idlibにおける化学兵器の計画的使用の可能性に関する主張」何百万人もの民間人が避難している「反政府勢力の下にある国」である。

「化学兵器の使用が継続している限り、あるいは使用の脅威が残っている限り、我々はこの問題に焦点を当て、自分たちがそれに耐えられないようにしなければならない」と述べた。

「国連安全保障理事会の統一が求められている」と強調し、「責任者の特定と説明責任は不可欠だ」と述べた。

6月には、OPCW事務局は当事者によって 化学兵器禁止条約シリア・アラブ共和国における化学兵器使用の加害者を特定するための手配を行う」と述べた。

安全保障理事会に「化学兵器に対する規範を再確立する」と呼びかけたところ、「これらの武器の使用は、常に深刻なタブーの違反とみなされなければならない」と述べた。

「より広範な軍縮・不拡散体制の活力と信頼性はそれに依存する」

中田氏の説明に続いて、ジョナサン・コーエン米国務次官補は、シリアで戦争を終結させる国連の政治プロセスの支持を表明し、「化学兵器は私たちの世界には存在しない」と述べた。

バシリー・ネベンジアのロシア大使は、国連軍縮部長官が提示した事実に反論し、「旧軍事化学計画の施設は破壊された」と述べ、OPCWの監督下でシリアから化学備蓄が撤回された「検査手段が無駄になった」

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する