文字サイズ:
更新日: 土曜日、22 9月2018

国連労働党サミットは、脆弱な国々において、まともな仕事の「日々の挑戦」を促進すると語った

コンテンツによって: 国連ニュースセンター

「国民の平和と回復力を強化するためには、所得と富を生み出す雇用を創出することが不可欠です」とCARの社長、 Faustin Archangeトゥアデラ、その間の基調演説で述べた ワークサミットの世界 国際労働機関(ILO)のジュネーブで開催された。

「平和と回復のための雇用と控えめな仕事」と題して、今年のサミットは、地上の現実と実際の結果を達成できるパートナーシップに取り組むことに重点を置いて、平和と回復のための雇用と適切な仕事の重要性を強調した。

主にキリスト教徒の反Balaka民兵と主にイスラム教徒であるセレーカ反乱連合との戦いは、CARを2012以来の内戦に突き落とした。 1月の2013で平和協定が結ばれたが、その年の3月に反政府勢力がバンギを押収し、元大統領フランソワ・ボジゼを逃げさせた。

トゥエデュラ大統領は、何年もの紛争によって台無しにされた経済を回復させるという課題を強調し、雇用問題と適切な労働問題を解決するため、ILOに高水準の技術ミッションを送った。

これにはガバナンス能力の強化、働く社会的保護制度の確立、社会的対話と女性の雇用の促進、雇用促進のための革新的なパートナーシップの導入が含まれると同氏は述べた。

トゥエデラは、自国の危機の重大性を概説し、貧困と急進化のリスクとの戦いをより良くするために、特に若者の失業を減らすことが優先課題であると述べた。

「非公式の雇用は、現在、国家経済活動の75%以上を占めていると強調し、「生存の経済は正式な部門を引き継いだ」と彼は語った。

彼は雇用は「永続的な平和のための決定的要因」であると述べたが、「平和と弾力に賛成する雇用と雇用を促進する戦いは日々の課題である」と述べた。

歓迎の挨拶で、ILOのガイ・ライダー局長は、サブ地域におけるCARの戦略的な位置を明らかにした。

「仕事と平和のつながりを認識することによって、中央アフリカ共和国の人たちが、生活の質の高い基準を達成するための雇用をもたらすことが、主な優先事項です。

Crozet / Pouteau / Albouy / ILO パネリストは、ジュネーブで開催された国際労働者会議(107th Session)の一環として開催されたWorld of Work Summit(7 June 2018)で語ります。

サミットには、アイルランドの大統領、 マイケル・D・ヒギンズILOは、「国家とその国民が弾力性を確立し、紛争を防止するのに最適な国際機関の1つになる可能性を秘めている」と述べた。

「エヴァー 創業以来国際労働機関(ILO)は、平和が構築され、持続可能であるという命題に専念してきた。それは、公正かつ均等な経済秩序に基づいて、すべての人々の必要と抱負を満たすことができるものである。多様性があります」と基調講演でヒギンズ氏は述べています。

ヒギンズ氏は、経済的機会の拡大、基本的な社会的・経済的権利の認知の確保、良質な仕事の推進、達成、労働者、雇用主、市民組織間の社会対話の促進が、紛争からの回復、戦争への復帰

ILOを平和維持のための新しいグローバル・アーキテクチャーを作り出す努力の中心に置くという野心を歓迎し、彼は権利ベースの平和構築プログラムへの十分かつ効果的な投資が人生を救うだけでなく、世界の人々に平和がもたらすことができる開発と人間の繁栄の可能性。

パネルディスカッションで、フィリピン・グランディ国連難民高等弁務官は、「難民と避難民は、今日世界中の70万人が、平和の失敗の結果である。 そして、とりわけ、敬意を表して有益に雇用される彼らの能力が満たされなければ、彼らは不安定さの要因となり続けるでしょう。

 

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する