文字サイズ:
更新日: 金曜日、20 7月2018
開発問題
移民、多くの神話、ほとんど現実 (木曜日、19 July 2018 10:12)
サイバー犯罪の産業化 (木曜日、19 July 2018 10:12)
Q&A:大気汚染はアジアで警報の原因 (水曜日、18 July 2018 11:48)

新しい国連農業機関の報告書は、世界の飢餓との闘いにおける漁業の価値を強調する

コンテンツによって: 国連ニュースセンター

最新によると、 世界漁業·養殖の状態 (SOFIA)の報告書によると、世界中の60万人(女性の14%)が漁業と養殖部門に直接雇用されています。

FAOのホセ・グラーツァーノ・ダ・シルヴァ(FAO)総局長は、「飢えや栄養失調のない世界を目指すFAOの目標を達成するうえで、漁業部門は重要であり、経済成長と貧困との戦いに貢献している。

魚は世界中で消費される動物性タンパク質の約17パーセントを占め、地球上の約10億人の人々が動物性タンパク質の必要量のほぼ3.2%を提供しています。

さらに、魚は非常に栄養価の高い食品であり、食事摂取量の重要な欠点に特に役立ちます。

この報告書は、野生で捕獲された魚の量が平準化し、水産養殖が減速しているにもかかわらず、世界的な魚の生産が今後10年間で増加し続けることを示している。

FAOの飢餓と栄養失調のない世界の目標を達成するうえで、漁業部門は重要です。 FAOチーフ、ホセ・グラツアーノ・ダ・シルヴァ

2030は、魚の生産量が201万トンになると予測しています。 現在の生産水準18万トンに比べて171%の増加となります。

世界的な傾向は、貧しい国の基本食の一環としてしばしば行われる魚の大きな貢献を隠すことができます。 例えば、バングラデシュ、カンボジア、ガンビア、スリランカなどの島嶼国では、魚が人のタンパク質摂取量の50%以上を占めています。

しかし、この分野は、生物学的な持続可能性を超えて漁獲された魚資源の割合を減らす必要性を含む、その挑戦がないわけではない」とダシルバ氏は続けた。

2016では、90.9から200万トンの魚が野生で捕獲され、水産生物の養殖(海洋生息地や野生の個体群の管理を伴う)が2015万トンに達し、80人間が食べるすべての魚の割合。

この最新のFAO報告書によれば、甲殻類、軟体動物および他の水生動物の消費量は、1人あたりの2倍を超え、1960に戻っています。 FAOはこれを、水産養殖生産の増加に帰している。これは、1980と1990の間に急速に拡大した部門である。

「1961以来、魚消費量の世界的な伸び率は人口増加率の2倍に達しています」とダ・シルヴァ氏は、世界の飢餓との戦いの重要性を再度強調しました。

しかしFAOは、業界全体の将来の成長には、漁業管理体制の強化、損失と浪費の削減、水産環境の汚染や違法漁業、気候変動などの問題に引き続き取り組む必要がある、と報告書は付け加えた。

例えば、魚粉を生産するために廃棄物やトリミングを使用するなど、海で捨てられるか捕獲後に投棄される魚の量を減らす努力も、魚製品の需要の継続的な増加を満たすのに役立つだろう、とFAOは指摘する。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する