文字サイズ:
更新日: 9月(木曜日)21 2017
開発問題
最新の大ハリケーンの葉はドミニカ "荒廃" (9月(水曜日)20 2017 10:48)
Rohingya:不幸の道 (9月(火曜日)19 2017 14:13)
現代奴隷制を終わらせる (9月(火曜日)19 2017 14:13)

国連の人権専門家は、協力のためのベラルーシの第一歩への非公式訪問を求める

コンテンツによって: 国連ニュースセンター

12 7月2017? ベラルーシへの非公式訪問から独立した国連の人権専門家が、国の政府からの対話を希望すると述べた。

ミクロス・ハラスツィ氏は、政府が依然として任務を認識していないにもかかわらず、7月の6で開催された人権セミナーに、欧州安全保障協力機構(OECD)議長国会議員とともに参加することを許可したことを奨励した。

「当局の寛容が 進歩の兆候 これは2012の人権理事会が作成した任務と協力するための第一歩かもしれない」とハラスツィ氏は話す。

彼はまた、計画内の100ポイントのどれもが市民的または政治的権利に取り組んでいないのに、政府の人権行動計画の発表を指摘した。

特別イベントのために国にいたハラスツィ氏は、国連の任務に関連して仕事を遂行する政府の招請ではなく、政府が望むならば、人権状況を迅速に変えることができると述べた。

「政府が公的生活を通じて確立した絶対的な命令は、それがペンのストロークで変化をもたらすことを可能にする」と彼は人権セミナーに語った。

このセミナーでは、ベラルーシの人権に関する2つの重要な懸念事項が強調された。

「最初は、個人の自由を全面的に拒否することである。これは、事前の許可なく行動するすべてのベラルーシ人を実際に犯罪としている公的生活の許可ベースの制度だ」と述べた。 「我々はまた、司法の独立性の欠如、および死刑の継続的な使用に注意している。

第2の懸念事項は、12月の2010と3月の2017の弾圧など、市民が実際に市民権や政治的権利を使用することを犯罪化したときのような、大量抑圧への循環的な頼みである」

ハラスツ氏は、今年初めに政府の行動に反対し、「政府が暴力的大量抑圧政策への政府の復帰」に懐疑的な姿勢を表明した。

UN特別報告者と独立した専門家が、ジュネーブを拠点とする人権理事会によって任命され、特定の人権テーマまたは国の状況を調査し報告する。 職位は名誉であり、専門家は国連職員ではなく、彼らの仕事に支払われることもありません。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する