文字サイズ:
更新日: 火曜日、18 12月2018

リビアからの自発的な人道的復帰は、再統合努力が継続していく

コンテンツによって: www.iom.int

国連移住機関であるダカール - IOMは、13移住者がEU、アフリカ連合、リビア政府からの支援を受けてリビアから安全に帰国することを支援していると発表した(03 / 10,171)。昨年11月に28で開始された国からの自主的な人道復帰(VHR)の規模を拡大した。

Another 5,200 migrants have returned with the support of African Union member states in the same period. Some 23,302 migrants have returned through IOM’s VHR programme since January 2017.

「私たちは、リベヤ拘禁センター内の移住者を引き続き支援しながら、拘束されていない移民に繋がる努力を増やしている」と、IOMリビア国務長官Othman Belbeisiは述べた。

VHR事業の拡大以来、公式の拘留施設の移民数は、20,000の10月の推定2017人から4,000の人々へと5倍に減少しました。 リビアのIOMは、移民の登録、ヘルスケアや必需品の救済、心理社会的支援の提供、領事サービスの改善、地域安定化プロジェクトの推進など、当局と協力しています」とBelbeisiは述べています。

リビアからIOMが実施した自発的人道的リターンのほぼ半分は、リビアのみならず中部地中海沿岸の26諸国における移住者を保護し、支援するEU-IOMの大きなイニシアチブの一部です。 これには、原産国における帰還民の再統合のための重要な支援が含まれる。

Launched in December 2016, with additional funding from Germany and Italy through the European Union Emergency Trust Fund for Africa (EUTF), the EU-IOM Joint Initiative on Migrant Protection and Reintegration is active in Libya and countries in North Africa, the Sahel and Lake Chad region, and the Horn of Africa.

Together with its partners, IOM has been scaling up activities in countries of origin to meet the surge in returns from Libya and ensure that returning migrants receive appropriate assistance upon arrival as well as longer-term support to adjust to life and re-establish themselves in their communities. Reintegration assistance is also available through the programme for those assisted to return from European Union member states.

IOM Regional Director for the EU, Eugenio Ambrosi, said that the huge protection needs and the scale of returns in the last few months under the VHR operation have overtaken initial planning and pose some additional challenges for countries of origin. He cautioned that the reintegration process is complex and requires time.

“We are embarking on a completely new approach to reintegration and we believe in it. It will take some time to build, and in cooperation with authorities in countries of origin and the local communities, we are already seeing promising developments,” said Ambrosi.

“The Joint Initiative, in partnership with the governments of countries of origin and the African Union, aims to make sure that the migration process is safer, and that returning migrants can get back to their countries of origin safely and re-establish their lives without the feeling that they are a burden for their communities and families,” said IOM Regional Director for West Africa, Richard Danziger.

しかし、リビアから帰還した多くの帰還者は、言い訳ができないほどの虐待を受けた後に傷害を受けているため、医学的、心理社会的なニーズが優先されていると警告した。

再統合への新たな統合的アプローチは、帰国した移住者と彼らの家庭のための支援を結びつけています。 復興プロセスにおいて地域社会を巻き込み、潜在的なリターンの悪影響に対処する意識を高めることによって、帰還者の家庭における緊張を緩和することを目指しています。 このため、キャパシティ・ビルディング、システム強化、社会的、心理社会的、コミュニティ・ベースの側面がプログラムに組み込まれています。

再統合活動のモニタリングと評価は、インパクトを測定し、構築するための良いプラクティスを特定するプログラムのアプローチの一部でもあります。

2017の5月からの合同イニシアチブ活動の下で、23,500移住者は、自発的にリビアなどの国から帰国した後に、到着直後の応急手続きを受けました。

およそ16,000移住者は紹介やカウンセリングなどの一般的な再統合支援を受け、パイプラインでの訓練や求人情報のオプションも提供されています。

Over 5,000 people have received additional reintegration support, including help for individuals to set up a small business with groups of returnees or in partnership with their community. Their projects can be participatory and community-based projects, as well as collective and individual initiatives.

IOMは、この革新的なアプローチが、地方自治体、移住者およびそのコミュニティによって特定された社会経済的優先事項にどのように対応するように設計されているかなど、地域開発を補完する可能性もあると考えています。

「我々がEUとアフリカのパートナーと取り組んでいるイニシアチブは、移民協力の新たな章である。 Ambrosi氏は、パートナー国が復帰と再統合を管理し、移住そのものをより安全でインフォームドゥーなプロセスにするための優先順位と能力を支えるために多額の資金が投資されたのは初めてのことである。

"I am not ashamed to be back home. People can talk and say what they want. I am now back in my country and have found a job,” said Gaspard, who had left Côte d’Ivoire in search of work. After a terrible experience in Libya, he decided to return home with help from IOM through the Joint initiative programme. See the stories of more returnees 詳細はこちら.

基礎的な情報

VHRプログラムは新しいものではなく、IOMは2006以来復帰するための移民を支援してきたが、アフリカ連合、欧州連合(EU)、国連が一緒になった11月28th、2017でスケールアップが開始された。 AU-EU Summit in Abidjan リビアにおける奴隷制度と移住者虐待の報告に対応する

3国間のAU-EU-UNのタスクフォースは、沿岸地域、特にリビア内の移住者と難民の命を救い、保護し、起源国への自発的帰還を加速し、 6ヶ月間国際保護を必要とする者(30th May 2018)。

タスクフォースの即時の焦点は、少なくとも6週間以内に、欧州連合(EU)信託基金を通じた政府統制拘置所で特定された15,000移民の自発的送還であった。 タスクフォースの共同作業は、移民ビザのタイムリーな発行、リビア以外の航空会社への着陸権の付与、移住者の文書化/領事サービスの提供など、移民の避難に直面している多くの課題に取り組んできました戻る。

EU信託基金は、権利ベース、開発重視、リターンおよび持続可能な再統合政策およびプロセスの開発を通して、秩序ある、安全で、定期的かつ責任ある移住管理を促進するために、移民保護および再統合のためのEU-IOM合同イニシアティブを支持している。

For more information please contact Olivia Headon in Geneva, Tel: +41 794 035 365, Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。; Ryan Schroeder in Brussels Tel: 32 2 287 7116, Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。; or Florence Kim in Dakar, Tel: +221 78 620 6213, Email: このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。 アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する