文字サイズ:
更新日: 月曜日、24 9月2018

パレスチナ杭打ち

南南ニュース:別のコンテンツ

13 June 2018、ニューヨーク、アメリカ| サウジアラビアのニュース - パレスチナのリヤド・マンサール大使とアラブ・グループとイスラム協力組織(OIC)の大使は本日、パレスチナ人民間人の国際的保護を要請するミロスラフ・ラジュチャック総理大統領と会談したガザ

マンソル氏は、会談後に記者会見し、アラブ・グループとOICの代表者が横たわっていると述べ、「民間人に対する国際的な保護要請を続けるために、10th緊急会議の再開を要求した」と述べた。

マンスール氏は、「今日、ガザ地区のイスラエルの火力によって殺害されたパレスチナ人は4人いた。 さらに7つの人が重傷を負っている。そのうちのいくつかは、私たちが話すときに知っている、人生を去り、650がけがをしている可能性がある」

彼は、「パレスチナの民間人に対するこれらの残虐行為の継続を最強の言葉で非難した」と非難した。

パレスチナの大使は「私たちの目的は民間人の保護を提供することだ」と述べた。決議は新しい仕組みの確立を求めていない。 ジュネーブで事実認定任務が成立することが決定されました。 私たちが今必要とするのは、彼の事務所の道徳的権限と、民間人を保護するために実施することができる提案の創造的なアイデアをSGが使用することです。

ストーリーラインby:Unifeed

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する