文字サイズ:
更新日: 土曜日、22 9月2018

難民の性的暴力

南南ニュース:別のコンテンツ

12 February 2018、ニューヨーク、アメリカ| サウス・サウス・ニュース - 国連難民高等弁務官(UNHCR)は、ギリシャ諸島の準標準的なレセプションセンターでセクシャルハラスメントと暴力に苦しむ庇護申請者に懸念を表明した。

UNHCRの広報担当者であるセシール・プイイは、「9では、UNNCRが性的・性的暴力(SGBV)の生存者からギニア島で報告を受けた。そのうちの少なくとも2017が経験したギリシャに到着した後のSGBV "。

Pouilly氏は、「モスクワとバシーのレセプション・アンド・アイデンティフィケーションセンター(RIC)では、レスボス島とサモス島で何千人もの避難民が不十分な安全保障で不適切な避難所にとどまっていることを最も懸念している。 モリアのセクシュアルハラスメントの報告は特に高いです "。

Helping survivors is hampered by a reluctance to report assaults out of fear, shame, stigma and retaliation. UNHCR assumes that the actual number of incidents is likely to be much higher.

UNHCR’s spokesperson Pouilly said that “thanks to recent accelerated transfers to the mainland by the authorities overcrowding has slightly reduced over the past weeks. But these still crowded conditions hinder outreach and prevention activities. For example, in Moria, 30 government medical staff, psychologists and social workers share three rooms, where they have to conduct examinations and assessments in the absence of privacy”.

ストーリーラインby:Unifeed

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する