文字サイズ:
更新日: 日曜日、15 7月2018
開発問題

アジア太平洋経済社会調査2018

コンテンツによって: インタープレスサービス

バンコク、タイ、May 7 2018(IPS) - アジア太平洋は世界経済の原動力である。 世界中の貿易、投資、雇用を引き続き支えています。

この地域の経済の3分の2は、2017で前年よりも速く成長し、2018ではこの傾向が続くと予想されています。 この地域の課題は、この成長が堅固で持続可能であり、発展のためにより多くの資金を提供するために動員されることを確実にすることです。 確かに、持続可能な発展のための2030アジェンダを達成するための進歩を加速する機会です。

最近の数字は、5.8の2017パーセントと5.4の2016パーセントと比較して、地域全体の経済成長を見積もっています。 これは、需要の回復と着実なインフレを背景とした、比較的好調な世界経済情勢の中で成長するダイナミズムを反映しています。 国内消費の堅調化と投資と貿易の回復は、すべて2017の成長軌道に貢献し、安定した見通しを支えています。

それにもかかわらず、リスクと課題は残っています。 中国や東南アジア諸国を中心とした民間企業債や企業債務の増加、いくつかの南アジア経済における外貨準備高の減少または減少、原油価格の動向などが主要な懸案事項である。 18諸国の政策シミュレーションでは、1バレルあたりの石油価格の10上昇は、GDP成長率を0.14で0.4に下げ、0.5から1.0までの外部経常収支赤字を拡大し、石油輸入国のインフレ圧力を高める可能性があることを示唆している。 しかし、石油輸出国はプラスの影響を受けるだろう。

こうした挑戦は、貿易保護志向が芽生えるようになっている。 内向的な貿易政策は不確実性を生み、地域の輸出と中核産業と労働市場に広範なリスクを伴うであろう。 この地域の最貧国の見通しは7%に近いものの、専門家のショックや自然災害への脆弱性を抱えていることから、懸念が続く。

主要な疑問は、経済の長期的な見通しを促進し、発展のための資金を動員するため、また世界貿易機関(WTO)加盟国などの多国間機関が、国際貿易の世界的な混乱?

2030アジェンダの効果的な追求のためには、国際的な市場への自由貿易アクセスに伴う経済的および財政的安定性が非常に重要です。 タックス・ポテンシャルが未だ残っていない地域経済は、国内資源の動員を強化し、財政を慎重に管理する必要がある。 財務資源の可能性を広げるためには、民間資本を活用し、革新的な資金調達メカニズムを導入するための新たな努力を伴う必要があります。 包括的で包括的で持続可能な経済を実現するための投資要件は、世界中のすべての途上国の平均で年間$ 2.5兆もの規模に達します。 アジア太平洋地域では、投資要件も重要ですが、潜在的なリソースもあります。 国際準備金、上場企業の時価総額、金融機関、保険会社、各種資金が保有する資産の合計額は、約$ 56兆ドルと見積もられています。 持続可能な発展への資金供与のためにこれらの資源を効果的にチャネリングすることは、この地域の重要課題です。

The need to come up with supplementary financial resources will remain. Public finances are frequently undermined by a narrow tax base, distorted taxation structures, weak tax administrations, and ineffective public expenditure management. This has created problems of balanced fiscalization of sustainable development, even if the national planning organizations have embraced and integrated sustainable development agenda in their forward looking plans.

Despite a vibrant business sector, the lack of enabling policies, legal and regulatory frameworks, and large informal sectors, have deterred sustainability and its appropriate financing. The external assistance from which some countries benefit is insufficient to meet sustainable development investment requirements, a problem often compounded by low inbound foreign direct investment. Capital markets in many countries are underdeveloped and bond markets are still in their infancy. Fiscal pre-emption of banking resources is quite common. For those emerging countries which have successfully tapped international capital markets, a tightening of global financial conditions means borrowing costs are on the rise.

Our ESCAP flagship report, Economic and Social Survey of Asia and the Pacific 2018 (Survey 2018) which has been launched today calls for stronger political will and governments strengthening tax administrations and expanding the tax base. If the quality of the tax policy and administrations in Asia-Pacific economies matches developed economies, the incremental revenue impact could be as high as 3 to 4 per cent of GDP in major economies such as China, India and Indonesia and steeper in developing countries. Broadening the tax base by rationalizing tax incentives for foreign direct investment and introducing a carbon tax could generate almost $60 billion in additional tax revenue per year.

But government action must be complemented by the private sector to effectively pursue sustainable development. The right policy environment could encourage private investment by institutional investors in long-term infrastructure projects. Structural reforms should focus on developing enabling policy environment and institutional setting designed to facilitate public-private partnerships, stable macroeconomic conditions, relatively developed financial markets, and responsive legal and regulatory frameworks.

Finally, while much of the success in mobilizing development finance will depend on the design of national policies, regional cooperation is vital. Coordinated policy actions are needed to reduce tax incentives for foreign direct investment and to introduce a carbon tax. For many least developed countries, the role of external sources of finance remains critical. In many cases, the success of resource mobilization strategies in one country is conditional on closer regional cooperation. ESCAP’s remains engaged and its analysis can support the planning and cooperation needed to effectively mobilize finance for sustained, inclusive and sustainable economic growth.

Dr. Shamshad Akhtar is the Under-Secretary-General of the United Nations and Executive Secretary of Economic and Social Commission for Asia and the Pacific (ESCAP)

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する