文字サイズ:
更新日: 水曜日、14月2018
開発問題
Compiègneの森のワゴンの中で (月曜日、12 11月2018 13:42)
マルコナポリ、86、国連IPSの生存を確保 (金曜日、09 11月2018 09:59)

アルゼンチンのチャコ地域における日々の闘争を容易にする雨水の収穫

コンテンツによって: インタープレスサービス

ロスブランコス、アルゼンチン、Nov 6 2018(IPS) "私は8歳の時から水を運ぶのに慣れてきました。 今日、63では、私はまだそれをやっています」と、サルタ州の数十軒の家屋と広大な土壌の町、ロスブランコスに住む太陽が荒れた顔をしている高価な農家の農家AntolínSoraireは言う。アルゼンチン北部。

ボリビア、ブラジル、パラグアイと共有している100万平方キロメートル以上に広がるチャコのこの地域では、生活条件は容易ではありません。

「私はChaco地域全体を水槽に播くことができればと思っています。私たちは500メートルの深井戸やその他の大規模なプロジェクトは望んでいません。 - エンツォ・ロメロ

年間約6ヶ月、5月から10月の間、雨は降らない。 南半球の夏には気温が50摂氏に上昇することがあります。

ロスブランコスのあるリバダビアのバンダノルテ市および近隣の自治体の住宅のほとんどは、雨のときに切り取られ隔離された農村部に散在しています。 公的データによると、世帯の半数は基本的なニーズを満たす余裕がないため、特に水域へのアクセスは特権であり、特に河川がないためです。

掘削井はほとんど解決策を提供していません。 "地下水は塩分で、自然にヒ素を含んでいます。 あなたは良い水を得るためには、450メートル以上の深度に行かなければなりません」と、Soraireは1,100の人々についてこの町を訪れてIPSに語った。

この3年間で、革新的な自己管理型システムは、アルゼンチンで最も貧弱なこの地域の多くの家庭に希望をもたらしました。雨水収集シートでできた屋根の建設は、地面に埋め込まれたセメントタンクにパイプされます。

これらの密閉されたタンクには、雨水の16,000リットルが貯蔵されています。これは6ヶ月乾季の間に飲食用に5人の家族が必要とするものです。

「私が子供の頃、電車は週に一度来て、私たちに水を持ってきました。 それから列車は止まり、物事は本当に難しくなった」と、ここではクリオロとして知られているソレイアを思い出させる:白い男女の子孫で、19th世紀末にアルゼンチンのチャコに来て、育てる土地を探していた彼らの動物は、その地域の先住民を征服した軍事探検に従った。

今日、多くの年が過ぎていて、ほとんどの場合、クリオスと先住民は同じ貧困に暮らしていますが、ロスブランコスなどの孤立した農村に住む現代人や大都市を襲っているスラム街では、都市。

20世紀初頭以来、Soraireが言及した鉄道は、FormosaとEmbarcaciónの都市を分ける700キロメートルを結びつけ、実際には10年前に舗装された道路がなくなるまでChacoのこの地域で唯一の通信手段でした。

地元の先住民族の女性であるドリータは、アルゼンチンのチャコ地方のロスブランコスから数キロ離れたウィチ族のコミュニティである彼女の家の近くにある "レプレッサ"または池の前に立っています。 池は雨水を蓄積し、動物や地元の家族のために飲料水を提供するために使用され、重大な健康上のリスクを引き起こします。 クレジット:Daniel Gutman / IPS

新星大統領カルロス・メネム(1990-1989)が課した民営化と支出削減の波の間に、1999のこのエリアへの列車の到着は止まった。

鉄道をもう一度走らせることは約束されていますが、今日のサルタのチャコ村では、数年前からホームレスの家が住んでいた鉄道の思い出が残っています。

ロスブランコス周辺の雨水タンクの建設を訓練した平和と司法開発基金(Fundapaz)は、牛、豚、山羊を育てるソライレが、6人のチーム(クリオ3人と3人の先住民)の一人です。

アルゼンチンのチャコ地域の先住民とクリオロの集落における農村開発の40年以上にわたって活動している非政府組織、Fundapazの技術者、エンツォ・ロメロは、ロス・ブランコスのIPSに語った。 「どの家庭が最大のニーズを持っているかを調べるために調査を実施します。

Fundapaz、Gabriel Seghezzoのディレクターは、 "受益者の家族は、タンクが埋まっている直径5インチの穴1.20メートルを掘る必要があります。 さらに、彼らはそれを構築するのに要する週の間に、宿泊施設や食事をビルダーに提供しなければなりません。

「家族にとってこれは大変重要です。 これがうまくいくためには、受益者が関与していると感じることが不可欠です」とセゲッツは地方の首都サルタでIPSに語った。

Fundapazはブラジルの雨水タンクシステムを「輸入」しています。その国の社会組織、とりわけ東北地方の慢性的な干ばつの解決に取り組んでいる団体との接触が多いためです。

サルタのチャコ地方の「クリオロ」農家のアンソリン・ソレイアは、ロスブランコスに建設したタンクの1つの前に立って、雨水を集めました。雨水は、北の6ヶ月乾季アルゼンチン。 クレジット:Daniel Gutman / IPS

ロメロ氏は、40の屋根と水槽は、1,000平方キロメートルで12,000の住民をいくつか抱えているRivadavia Banda Norteの自治体で、それぞれ10,000ドルの費用で建設されていることを指摘しています。 この数のタンクは、もちろん、必要とされるもののごく一部にすぎません。

「私は、チャコ地区全体が水タンクで播かれることができれば、もはや水の不足について泣く必要はないだろう。 私たちは、500メートルの深い井戸や他の大規模なプロジェクトを望んでいません。 我々は現地の解決策を信頼しています」とサルタ国立大学で環境工学を学び、数年前にブエノスアイレス北部の1,600キロメートルであるMorilloに移住したRomeroは語る。

地域の舗装された道路である国道81では、フェンスがないので、先住民とクリオロ家庭によって飼育された豚、山羊、鶏などの動物は絶えず道を渡ります。

道路の近く、山には、Lote 6やLote 8などの先住民族のコミュニティがあり、アルゼンチン最大のネイティブコミュニティであるWichí族のメンバーとして知られていた旧市街を占有しています。 51,000の人々の周りのアップを、下位登録と見なされる公式の数字によると。

Lote 6では、7歳の母親のDoritaは、彼女の夫Mariano Barrazaと一緒に煉瓦の家に住んでいて、無料の山羊や鶏に囲まれている。 子供たちとその家族は季節的にロサンゼルスのロスブランコスに戻ります。ロスブランコスは孫が学校に通っています。交通機関は地域社会では利用できません。

アルゼンチン北部のサルタ県の土地共同体であるLote 6では、3人の子供がヤギの隣の屋根の下で遊んでいます。 人口の半分が満たされていない基本的ニーズを抱えており、飲料水不足が最も深刻な問題であることは、国の最も貧しい地域の1つです。 クレジット:Daniel Gutman / IPS

彼女の姓を言わないことを望んだDoritaは、家からの100メーターについて、緑色の水を持つ小さな池をIPSに示しています。 サルタ族の地域では、雨水を貯蔵するためにこれらの "レプレッサ"を掘り起こす。

ロット6の家族は、今日、雨水と貯水池を集める屋上を持っていますが、彼らは動物が飲んだのと同じ水で、しばしば汚れた「レプレッサ」の水を使用していました。

"子供たちは病気になる。 しかし、家族はしばしば代替品がないため「レプレッサ」から汚染された水を摂取することになる」と、エリアのFundapazで働くカトリックの尼僧Silvia ReynosoがIPSに語った。

近隣のLote 8では、雨水を収集する80平方メートルの屋上を持つWichi先住民Anacleto Montesが説明しています。「これは解決策でした。 自治体に水を持たせようと依頼しているので、トラックは利用できず、水は到着しないことがあります。

Montesが言わないことは、Chacoの水が後援ベースのシステムで政治的支援を買うために使われているということです。

20年の間、カトリック教会と連携しているテパヤック財団の組織ラロ・ベルテア(Lalo Bertea)は、IPSの話として次のように述べています。「通常、干ばつの時代には水が分配されます。 そして政治的理由に基づいて水をどこに持ち込むかを選ぶ。 その地域の人々はこれに慣れており、彼らはそれが正常だと考えている」

"水の不足はチャコのこの部分で最も深刻な社会問題です"と、雨水の収集にも限界があり、合理的な深さで地下水を見つけるためにメキシカンポンプの購入を実験している、とBerteaは言います。

"これについての信じられないことは、チャコはサハラ砂漠ではないということです。 水がありますが、大きな問題はそれにアクセスする方法です」と彼は言います。

エディ

We have similar climate conditions in Australia. When my family first arrived in Australia we were obliged to live on the Nullabor Plain. The house had FOUR rain water tanks at each corner of the house catching enough rain water during the winter months to see a family of 6 thru the 6 months of summer heat. That was back in the 50’s. There’s no REAL reason, anyone, poor or not, could capture the water God gives us yearly. If cost is an issue, a hole dug in the ground lined with plastic sheeting will suffice in the short term. People need to become more self sufficient instead of always relying on others.

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する