文字サイズ:
更新日: 金曜日、20 7月2018
開発問題
移民、多くの神話、ほとんど現実 (木曜日、19 July 2018 10:12)
サイバー犯罪の産業化 (木曜日、19 July 2018 10:12)
Q&A:大気汚染はアジアで警報の原因 (水曜日、18 July 2018 11:48)

裕福な国に独占的ではない誕生率の低下

コンテンツによって: インタープレスサービス

ニューデリー、月2 2018(IPS) - 出生率や死亡率が高い状況から繁殖率や死亡率が低い国へ経済的に繁栄する必要はありません。

教育、社会保障、経済発展に寄与する環境、良質の制度が、これを促進するものであり、日本とインドのように遠く離れたアジア諸国の経験からも証明されている。

アジア人口開発協会事務総長の楠本治生先生によれば、経済と人口動態の変化やDTは直接的に相関するのではなく、間接的に関係している。

人口動態の変化は、工業化するにつれて、出生率が高い状況から死亡率が低い状況に移行し、妊産婦の死亡率が低くなるという理論です。 しかし、最近では理論が矛盾に襲われており、工業化が人口の減少につながるか、あるいはより低い人口が工業化と高所得につながるかについての議論がある。

同時に、医療と公衆衛生サービスの普及は、死亡率の移行や死亡率の低下を促進する。 しかし、実際の繁栄に伴い、肥沃度が再び上昇する可能性があります。

したがって、高所得の産油国であるクスモトによれば、現代の経済システムを導入しない限り、DTは進展しそうにない。

また、女性の所得の高齢化、老齢安全保障、国や地域によって異なる経験を持つ人的資本の需要など、このような相互関連のDT問題についての議論もある。

国の移行に伴い、教育費は相対的な貧困を生み出し、出生率の推移や出生率の低下を促進すると楠本は言います。 同時に、医療と公衆衛生サービスの普及は、死亡率の移行や死亡率の低下を促進する。 しかし、本当に繁栄すれば、肥沃度が再び上昇する可能性がある」

楠本は、1人当たり所得の高い所得であっても、相対的な貧困に恵まれ、子供の教育に高いコストがかからない日本の例を挙げている。 「社会保障制度が整備され、老齢年金が提供されている場合でさえ、妊娠可能性が低下すると言うことは可能です。結婚と出産を通じて子供を抱える費用を避ける合理的な選択をするからです。

日本の出生率は女性1人当たり1.44であり、これにより過去5年間で人口が100万人減少している。

日本の人々が実現し損ねるのは、楠本さんです。子どもがいなければ、社会保障制度は持続不可能になり、老後には支援できません。

一方、世界第2位の人口を抱える発展途上国のインドでは、総出生率は、3.6の女性1人あたり1991から2.4の女性1人あたり2011へと着実に減少しています。 20年間の1人当たり所得は、国連開発計画(UNDP)の数字で1,221ドルから3,755ドルに上昇しました。

同じ期間に、女性識字率は39%から65%に増加した。 また、教育、健康、収入を組み合わせたUNDPの複合人間開発指数は、0.428の1990から0.609の2014に上昇しました。

地区レベルの統計を詳しく見てみると、現代の避妊方法の使用が減少した8つのインドの州では、妊娠可能性が低下していたという好奇心旺盛な結果が出ていると、国際人口問題研究所(IIPS) )ムンバイで。

IIPSのSanjay Kumar Mohanty教授は、地区は持続可能な発展目標(SDGs)を含むインドの計画立案とプログラム実施の焦点であるため、地区レベルでの分析の分離が重要であると述べている。 「そのような分析は、出生率のレベルの説明できない減少に光を投げるかもしれない。

2016に掲載されたIIPSの調査によると、インドの640地区の大半は1991-2011の期間中に大幅に減少していますが、初期レベルとその後の変化との明確な関係は認識できませんでした。

インドの経験では、女性の教育と識字率は近代的な避妊薬の使用、結婚や出産間隔の高齢化に関連しています。

楠本教授によれば、SDGを達成するためには、死亡移行と妊娠移行が必要です。 「若者が子供を抱えるようなシステムを設計する必要があります。」

医療と公衆衛生の進歩と医療サービスの利用可能性は必然的に死亡への移行につながると楠本は言います。 「しかし、出生の移行がなければ、人口は地球の持ち運び能力を超えて増加し続けるでしょう」

インドの場合のように、ヘルスケアベースの家族計画とサービスを使用して肥沃度管理が成功裏に促進された一方で、西ヨーロッパから西アジアへ、そして最近では東アジアでは出生率が「第2の人口推移」において死亡率を下回るようになり始めた楠本教授は、妊娠可能性がどうして低いのかについての研究はまだ不十分だと付け加えている。

国連人口賞を受賞した黒田俊夫氏が1980で実施した研究では、中国の四川省の急速なDTで予期しない例が顕著に現れました。 黒田氏は、地方の国民総生産(Gross National Product)の低さにもかかわらずDTが起こったことに気づき、経済的DT理論の例外的なケースとなった。

経済とDTの間には相関関係がありますが、それは経済ではなく明確な移行をもたらす人々の規範と価値の変化です。

旧ソ連諸国での例外的な変化は、共産主義から市場経済への移行に起因している可能性があります。 世界銀行の報告によると、ウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタンはいずれも、6-1950では女性1人当たりの55児童の出生率がありましたが、2000ではほぼ半分に減少しました。 以前は高出生率であった他の旧ソ連諸国でも経験した減少であった。 すべての旧ソ連諸国でも平均寿命が延長されています。

最終的には、楠本教授は、「適切な肥沃な移行」を促進する政策が重要であり、「SDGに想定されているように人間の尊厳が維持される」社会を構築することを目指している。

コロケーション

教育と医療へのアクセスは、経済だけでなく、常に大きな要因となっています。 より多くの人々が、より良い教育を受けた家族を持つことが、単に多くの子孫を産むよりも、将来の繁栄のためのより良い戦略であることを発見しています。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する