文字サイズ:
更新日: 金曜日、20 7月2018
開発問題
移民、多くの神話、ほとんど現実 (木曜日、19 July 2018 10:12)
サイバー犯罪の産業化 (木曜日、19 July 2018 10:12)
Q&A:大気汚染はアジアで警報の原因 (水曜日、18 July 2018 11:48)

知的な土地利用が中南米で進展を目指す

コンテンツによって: インタープレスサービス

この記事は、6月の17の砂漠化と干ばつと戦う世界デーに際してIPSが立ち上げた一連の物語とオペレーションの一部です。

持続可能な土地管理、土地劣化の中立への進展、バイオ経済の導入など、さまざまなイニシアチブが促進されているラテンアメリカでは、砂漠化を抑制する同盟国になることができます。

エクアドルは、知的で健康的な消費のためのインセンティブと、生産者と消費者による持続可能な土地利用の促進を目的として、これらの政策の領域で例として引用されている。

その南米諸国の領土の47.5パーセントは砂漠化に直面しており、最悪の状況は太平洋沿岸の中心部にあるため、これは重要です。

6月に15は、国連砂漠化防止条約(UNCCD)が推進し、食糧農業機関(FAO)とエクアドル環境省が実施する持続可能な土地管理(SLM)プロジェクトの第2段階を開始する。韓国からの資金提供。

この計画は、劣化によって影響を受けるコミュニティの能力の強化を促進する。 最初の段階では、348,000ドルが投資されました。

エクアドルのFAO事務所のJuan CalleLópezは、QuitoのIPSに、「このプロジェクトの目的は、地元のコミュニティや機関の能力を向上させ、劣化した風景の中でSLMを扱い、実施すること」であると述べた。

「このプロジェクトは、パイロットサイトをSLMの取り組みと地域の状況に適応する可能性を検証するための参考にすることを目指しています。

「水循環の規制や持続可能な土地利用の規制など、地域の環境サービスを長期的に維持するために、残りの生態系と農業地域の管理を統合するランドスケープアプローチを模索している」

Calle Lopez氏は、「このプロジェクトは、地方自治体の地方自治体、地方教会、生産者団体と協力して、各地の社会環境条件に応じて各地域のベストプラクティスを共同で定義する」と説明した。

FAOによって既にテストされたツールと国土の劣化評価の結果を使用するプロセスでは、「地元の農家は農場でさまざまなプラクティスを開発するための前提条件であるため、プロジェクトの直接の利害関係者となる」 2017の国で

エクアドルはまた、今年の世界的な砂漠化対策の日程を6月6日の17で開催する国です。 今年は、購買決定と投資を通じて持続可能な土地管理に消費者が果たす役割に焦点を当てています。

テーマは「土地は真の価値を持っています。 UNCCDの事務局長であるMonique Barbutは、「土地利用者に土地の生産性を維持する土地管理慣行を利用させるよう促す」ことが目標の1つです。

象徴的に、このイベントは、アンデス諸島がキトから35 kmの名前を得て、赤道上に正確に位置する世界記念碑の中間で、2つの半球の合同を象徴するために、ラテンのUNCCDコーディネーターチリのサンティアゴに本拠を置くJoséMiguel TorricoはIPSと語った。

エクアドルは土壌劣化対策と持続可能な土地管理を促進する革新的なイニシアチブへのコミットメントは、生物経済への移行の進展も含め、ホストとしての選択によっても認められています。

エクアドルの環境大臣であるTarsicio Granizoは、経済経済の柱の一つとして石油輸出に依存してきた国で特別な意味を持つ「化石資源を再生可能な生物資源に基づく経済モデル」として定義した。

Granizo氏は、4月にベルリンで開催された「第2回グローバルバイオ経済ミーティング(Global Bioeconomy Summit)」において、「このモデルは経済的進歩と環境と生物多様性を考慮したものであることに同意する」と述べた。

しかし、閣僚は、「これは短期的な問題ではない」と警告した。 私たちはちょうど生物経済に移行するための枠組みを開発し始めているところです。

一方、サンチアゴでは、「砂漠化は、年間総収入で42億ドルの損失を招く一方で、1ヘクタールあたり40と350ドルの間の土地コストを回収する行動を伴う」と指摘した。

一方、世界的なレベルでの劣化対策への投資に対する投資収益率は、1ドルにつき4〜6ドルとなっている」と述べ、緩和プロジェクトのメリットについて説明した。

ラテンアメリカとカリブ海では、農地の50%が砂漠化の影響を受けると推定されています。

この地域では、「人口の13%は国によって異なる劣化土地に住んでいます。ウルグアイでは、劣化した地域に住む33の割合はガイアナのわずか2%です」とUNCCD地域コーディネーター。

"土地の劣化の年間コストはラテンアメリカとカリブ海で年間60億ドルで推計されますが、世界的に年間297億になると推定されています"とTorrico氏は付け加えました。

彼は、「土地の劣化に直面していないと、次の12年に地球規模の食糧生産が25%以上削減され、食品価格の30%上昇につながる」と警告した。

「直接的に言えば、世界人口の40%(10億人を超える人々)が砂漠化している地域に住んでおり、約100万人が安全な水にアクセスできない」と同氏は述べた。

「90億人に達すると予測される2050による世界人口供給のためには、農産物生産量は世界的に70%、途上国では100%増加しなければならない」との見通しを示した。

さもなければ、1.8億人が絶対水不足の国や地域に住み、世界の人口の3分の2(XNUM、10億)が水ストレス条件下で生きることができます。 これは、砂漠化の結果として5.3によって数百万人の人々が移動しなければならないことを意味する」と付け加えた。

Torricoによると、「ラテンアメリカとカリブ海では、最も直近の状況は、干ばつへの対処法に関連している。そのためには、8カ国の地域で実施されている。ボリビア、コロンビア、ドミニカ共和国、エクアドル、エルサルバドール、グレナダ、パラグアイ、ベネズエラ。

この戦略は、「この現象に対処するために公共政策を調和させようとしている。

「他の緊急事態は、2030アジェンダの達成と関係している.26アジェンダは、地域のXNUMX諸国が達成目標のプログラムを確立している」と同氏は述べた。

Torricoは、195の中立性を達成するための2030締約国によるコミットメントについて、UNCCDの枠組みの中で2015で想定していたと結論づけました。

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する