文字サイズ:
更新日: 金曜日、20 7月2018
開発問題
移民、多くの神話、ほとんど現実 (木曜日、19 July 2018 10:12)
サイバー犯罪の産業化 (木曜日、19 July 2018 10:12)
Q&A:大気汚染はアジアで警報の原因 (水曜日、18 July 2018 11:48)

プロジェクトの人口:アジアの高齢社会への取り組み

コンテンツによって: インタープレスサービス

国連、6月20 2018(IPS) - 人口は時間の始めから変化を見て、変化してきましたが、特に、子供が少ない、高齢者が多いという傾向が世界中で広がっています。

アジアの複雑な問題に取り組むために、政府関係者は誰も残されていない持続可能な社会の構築を支援するために集まっています。

モンゴルのウランバートル首都では、多くのアジア諸国の未来を脅かす高齢化や繁殖のような人口問題への健全な政策アプローチを議論するため、国会議員(国会議員)が集まります。

モンゴル国連人口基金(UNFPA)の北原直美理事長は、「IPSGは、SDG(持続可能な発展目標)を達成するために社会システムや構造に加齢が及ぼす影響を緩和するために不可欠なステップである」と語った。

2030によると、世界中の60歳以上の全人口の65%以上にアジアが存在する可能性があると、コンサルティンググループDeloitteは計算しました。

国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)によると、アジア太平洋地域のすべての高齢者の56%、世界の32%を占めている東アジアおよび東北アジアの人口が最も多い。

アジアの人口高齢化の規模はこれまでにないものばかりでなく、そのスピードもそうです。

フランスでは、高齢者の割合は約7年の間に20%から150%に増加しました。 しかし、40年の間、日本では同じ人口動態の変化が見られました。

北原氏は特に、人口問題とその影響の代表例として、日本の事例を指摘した。

国連によると、日本の出生率は、安定した人口を維持するために決定された2.75の総出生率をはるかに上回る、1950の女性1人あたり約2.1人の子供でした。

今日、日本の出生率は女性1人あたり1.44人です。

国立人口社会保障研究所は、こうした傾向が続くと、日本の人口は今日の126百万人から88の2065百万人、51の2115百万人に減少すると予想されています。

小児や若年成人の数が減るにつれて、悪循環が始まります。労働力が小さく、支出が減り経済が弱くなり、家族が子どもを育てることを妨げ、経済をさらに弱体化させます。

APTMのアジア人口開発協会(APDA)事務総長楠本修は、出生率調査の重要性を強調し、「若い世代がなければ、このシステムを維持することはできない」と語った。

「SDGを達成するためには、出生の移行の理解が不可欠です。 急激な変化を緩和するための肥沃度に関する適切な社会政策が考慮されなければならない」とクスモト博士は述べた。

「出生率が高く、出生率が極端に低いと、社会に危害を与える可能性がある」と付け加えた。

同時に、人々の平均余命が高いほど、高齢者は米国の27%と比較して日本の人口の15%を占めています。

これは、政府の収入と支出の減少を意味し、高齢者の数が労働年齢人口よりも速くなると、年金や社会保障のための資金が少なくなり、経済がさらに弱まる。

多くのアジア諸国が日本の足跡を辿っていくと予想されるため、議会の集まりは重要な時期に来ているようです。

「この会議は、各国に、現在の課題、成功から学ぶ機会を与えている。他の国々が経験を共有する機会を提供している」と北原氏は述べた。

会合がモンゴルで行われていることは偶然ではありません。

モンゴルは他の多くのアジア諸国とは異なり、3.1の安定した出生率とゆっくりと高齢化している6%の人口を持っています。 これは、人口増加だけでなく経済成長も可能にした人口政策の大きな部分を占めています。

例えば、最近承認された青少年育成法は、開発資金の機会を提供する青少年開発基金を通じた経済、雇用、健康、教育に関する若いモンゴル人のニーズを支援している。

新しい政策はまた、スキルの開発に焦点を当て、若者が弾力的で自立的な大人に成長するのを支援する、全国の青少年開発センターの設立につながった。

東アジア諸国は、若者のために特別に指定された法律を持つ地域の数少ない国の一つです。

しかし、モンゴルではより多くのことが行われなければならない、とKitaharaは指摘する。

「2030モンゴルがSDGを達成するためには、持続可能な発展の社会的・環境的側面に予算を配分し、社会的・人口的な問題にもっと注意を払わなければならない」

「現代の避妊薬の必要性を満たすのに十分な資金がないため、家族計画の不必要なニーズが高まり、避妊薬の流行が減少している」とKitahara氏は付け加えた。

ミレニアム開発目標(MDG)の妊産婦死亡率削減目標を達成した世界9カ国のうちの1カ国であったにもかかわらず、州の予算削減と避妊へのアクセス不足のため、モンゴルの妊産婦死亡率は倍増しました。

したがって、議会議員の役割は、法律を制定するだけでなく、国家予算と財政管理を提供するうえで重要であり、ウランバートルでの会議で議論される予定の問題です。

また、人と人のカップルにいつ、どのくらいの子供を持たせるかを選択させる人口政策やプログラムに人権問題を取り入れる必要性を強調した。

人口の高齢化と労働力の縮小に対処するため、中国は現在、家族規模の上限を設定する2人掛け政策を放棄することを検討している。

議論の余地のある方針は、人口の約4分の1が60の2030年齢以上になると東アジアの国民が予測しているため、その不均等な人口統計に貢献した。

また、女性よりも男性が30人以上多いジェンダーの不均衡が生じました。

北原は、SDGに沿った質の高い家族計画情報とサービスへの平等なアクセスを提供する必要性を強調した。

「女性や女の子の権利が尊重され、避妊や家族計画などのリプロダクティブ・ヘルス情報やサービスにアクセスできるようにすることで、偶然ではなく選択によって子供を持つ能力は、コミュニティ、生活、国を変えます。結論づけられた。

楠本先生は、「誰も他の人生に干渉してはいけませんが、建設的な健康な社会は各社会の未来にとって不可欠です」とIPSに同様の感想を示しました。

アジア人口開発協会(APDA)が主催する「国連人口基金(UNFPA)と国際計画親子会合(International Planned Parenthood)」は、SDG成果達成のための国会議員の能力強化:高齢化、出生率向上、連合(IPPF)。

ブータン、バングラデシュ、中国、インド、インドネシア、ラオス、日本、パキスタン、フィリピン、スリランカ、タイ、ベトナムでは、12-13の6月の会議に参加する国々が参加しています。

//twitter.com/tharanga_yaku:@httpsに従ってください

私たちと一緒に接続して取得

ニュースレターを購読する